獨協医科大学呼吸器アレルギー内科

沿革

当科の歩み
1973年(昭和48年) 石崎達教授により日本初の「アレルギー内科」として開設される。
1980年(昭和55年) 二代目教授として、牧野荘平教授が就任する。
1981年(昭和56年) 石崎達名誉教授が「日本アレルギー学会総会」の会長となる。
1996年(平成8年) 三代目教授として、福田健教授が就任する。
牧野荘平名誉教授が「第46回日本アレルギー学会総会」の会長となる。
1999年(平成11年) 「呼吸器・アレルギー内科」に名称変更される。
2010年(平成22年) 福田健教授が「第60回日本アレルギー学会秋季学術大会」の会長となる。
2013年(平成25年) 四代目教授として,石井芳樹教授が就任する

医局体制

医   局   長  清水 泰生
病 棟 医 長  三好 祐顕
外 来 医 長  知花 和行

診療・研究内容

  当科の特徴は、呼吸器疾患、アレルギー疾患、各種感染症などの広範囲な内科領域をカバーしていることである。
  呼吸器疾患では、気管支喘息/慢性閉塞性肺疾患(気道炎症や気道抵抗の評価、また血清や病理標本で診断や病勢を評価するためのマーカーの検索、 CT等画像による評価)、肺癌(診断と化学療法および放射線療法)、間質性肺炎、サルコイドーシス、希少肺疾患、肺炎等を対象としている。
  アレルギー疾患では、アナフィラキシー、蜂アレルギー等の診療にあたっている。さらに、内科的胸腔鏡・気管支鏡等を用いてEBMに沿った診断と治療をモットーとしている。

診療の状況


▲ページ上部へ戻る