獨協医科大学呼吸器アレルギー内科

得意とする治療

検査 喘息の包括的治療 肺癌の迅速診断 肺炎の最短治療 膠原病の総合診断 アレルゲン免疫療法 病院連携
得意とする治療
喘息の包括的治療
喘息は、最近増加している代表的な病気の1つですが、その治療方法は近年大きく変化しています。当科では、原因抗原と気道過敏性を詳しく検査した上で、気道炎症の程度も考慮しながら吸入ステロイド薬を早期に導入し、ピークフローメーターなどの客観的な指標を用いて、病気のコントロールと慢性化の防止に努めています。
肺がんの迅速診断と最新治療
肺がんは、がん全体の中でも最も多い悪性腫瘍ですが、早期発見が困難な代表的ながんでもあります。当科では、気管支鏡(学内では当科が最も多く検査しています)などの検査をできるだけ効率的に施行し、病気の確定診断とがんの進行具合を正確に調べた上で、患者様の意見や希望を最優先にした治療を行っています。もちろん、告知の問題やインフォームド・コンセント(説明と同意)にも十分に配慮して、外科治療、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療などを決定するわけですが、必要があれば脳転移病変にガンマナイフで治療(脳外科と協力)したり、最新の重粒子線治療(千葉県の国立施設)を考慮したりします。
肺炎の最短治療
肺炎は、現在でも日本人の死亡原因の第4位を占める重大な病気であり、診断が困難な場合や抗生物質の効かない場合は重症化することが少なくありません。当科では、喀痰や気管支肺胞洗浄液のグラム染色を24時間いつでも担当医が自ら行い、各種の肺炎の原因細菌を素早く調べた上で、適切な抗菌薬を証拠に基ついて投与する体制になっています。このため、肺炎だけでなく肺結核の早期診断も可能であり、院内感染などに対しても十分な配慮をしています。
膠原病の総合診断
膠原病は、身体のどこにでも症状が出現する可能性のある病気です。このため、当科では皮膚科、整形外科、循環器内科、神経内科、眼科、心血管・肺内科、消化器内科などと協力して、病気の正確な診断と治療法の迅速な決定のために必要な検査を効率的に施行して、治療効果を向上させています。また、定期的に東京から専門医(都立駒込病院内科医長)を招いて、患者様の診察および治療法の決定などについて意見を交換しています。
ハチアレルギーのアレルゲン免疫療法
わが国では、ハチに刺されてショック死する人が毎年約20名ほどおり、しばしばマスコミでも話題になっています。しかしながら、ハチアレルギーの治療法として世界的に認められているアレルゲン免疫療法が、日本ではなぜか認可されておらず、保険診療することができません。当科では、この問題をマスコミなどで繰り返し訴えてきましたが、患者様の強い要望にも支えられて、ハチ毒エキス(米国から輸入)を用いた先端医療のアレルゲン免疫療法(保険外診療)を行っています。
病院連携
当科では、県内の主な公的病院に常勤医および非常勤医を数多く派遣しており、それぞれの病院との間で患者様の相互紹介を行っています。平成16年1月現在では、済生会宇都宮病院、国立療養所東宇都富病院、国際福祉大学病院、大田原赤十字病院、芳賀赤十字病院、珪肺労災病院、塩谷総合病院、上都賀総合病院、下都賀郡医師会病院などとの関係があります。一方、個人病院や市中病院、診療所の先生からも多くの患者様のご紹介があり、退院後や急性期の治療後などには再び元の医療機関へ患者様を逆紹介して緊密な連携を取りあっています。
▲ページ上部へ戻る