獨協医科大学呼吸器アレルギー内科

研修後の進路

臨床研修が修了し、当科に入局した場合、レジデントまたは大学院生として採用となります。 レジデントとは、入局した上で行われる後期臨床研修医を意味し、本院または派遣病院で呼吸器・アレルギー・膠原病疾患の臨床を行い、各領域の専門医取得へ向けて更なる研修を行ます。 大学院へ進学した場合、呼吸器・アレルギー・膠原病疾患の臨床を行うと共に、与えられたテーマの研究に従事します。一定期間は、ベッド・フリーとして研究に専念し、通常、4年間で医学博士の学位を授与されます。

レジデントとして採用される場合

各科に入局した上で、レジデントとして大学に採用され、臨床を中心に後期研修行います。従来の助手で採用された場合と、研修内容的には大きく違うものではありませんが、助手の場合は有給になれない場合もありました(無給助手)。しかし、レジデントの期間は、大学として給与を保障し、当院はもちろん、他の医療機関で義務研修を行った者も、生活に心配をせずに後期研修を送れることを目的としています。卒後3年目を対象とし、給与は手取りで月25万円程度(当直等により増減あり)。卒後4年目もレジデント制度を継続するかは、検討中です。  レジデント修了後は、助手として採用され、専門医を目指し臨床を中心に行いますが、研究も併行して行うことも可能です。

大学院に入学する場合

各科に入局した上で、レジデントとして大学に採用され、臨床を中心に後期研修行います。従来の助手で採用された場合と、研修内容的には大きく違うものではありませんが、助手の場合は有給になれない場合もありました(無給助手)。しかし、レジデントの期間は、大学として給与を保障し、当院はもちろん、他の医療機関で義務研修を行った者も、生活に心配をせずに後期研修を送れることを目的としています。卒後3年目を対象とし、給与は手取りで月25万円程度(当直等により増減あり)。卒後4年目もレジデント制度を継続するかは、検討中です。  レジデント修了後は、助手として採用され、専門医を目指し臨床を中心に行いますが、研究も併行して行うことも可能です。

目標

臨床の目標

1.レジデント(義務研修終了後1−2年)
    内科学会の認定医取得および呼吸器・アレルギー・膠原病の専門家を目指し、臨床中心として専門の基礎を築く。
2.専門研修および以降(義務研修終了後3−4年)
    専門家として完成を目標とし、内科学会、呼吸器学会、アレルギー学会、リウマチ学会の専門医取得を目指す。

研究の目標

 現在、呼吸器・アレルギー系3つ、膠原病1つの研究グループがある。大学院に入学しなくても、興味とやる気次第で、どれかのグループに属し研究は可能である。ただし、基本的には臨床医とし完成することを優先されるため、臨床の合い間(夜間、休日、早朝)に行うことになる。なお、大学院生、専門研修終了したものは、一定期間、研究が優先される期間が与えられることがある。

留学について

希望と努力によっては、海外留学も可能である。これまでの留学先は、以下の通りである。

・アメリカ(10名)
    Mayo clinic
    John Hopkins University
    Harvard Medical School
    他4施設
・カナダ(1名)
    McGill University
・イギリス(3名)
    Southampton University
    London University

▲ページ上部へ戻る