獨協医科大学呼吸器アレルギー内科

主治医として受持つことを目標とする疾患

a) 呼吸器疾患
  呼吸器感染症、肺癌、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、肉芽腫性肺疾患、急性呼吸不全等など

b)アレルギー性疾患と周辺疾患
  気管支喘息、過敏性肺炎などアレルギー性肺疾患、薬剤アレ ルギー、アスピリン過敏症など

c)膠原病と周辺疾患
  関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、過敏性血管炎など

d)感染症等その他の疾患
  DIC、不明熱、免疫不全による感染症など

診断、検査手技

a)内科一般診察法(診断および手技)

画像診断 単純レ線(胸部、腹部、関節等)の読影 CT(胸部、腹部、頭頸部等)の読影 MRI(頭部、胸部、腹部、脊椎、関節等)の読影 エコー(腹部、胸部等)の手技および読影 PETの読影 シンチグラフィー(全身Ga、骨、肺換気血流等)の読影 血管造影の読影
内視鏡検査 食道胃内視鏡、気管支鏡、胸腔鏡
生理検査 心電図、一般呼吸機能検査、心身医学的検査
細菌検査 ラム染色および検鏡検査、培養同定検査
一般検査 胸腔穿刺、腹腔穿刺、骨髄穿刺、腰椎穿刺等

b) 気菅支鏡、胸腔胸検査(気管支肺胞洗浄、経気管支鏡的肺生倹など)

c)アレルギー検査
    皮膚反応(皮内テスト、スクラッチテスト、パッチテスト、ツベルクリン反応)、
    血清診断法(IgE、RAST、免疫グロプリン、沈降抗体、補体など)、呼吸機能検査、
    各種アレルゲン吸入誘発試験、アセチルコリン吸入試験、アスピリン吸入試験、
    運動負荷試験、食物負荷・除去試験、薬剤負荷試験

診断治療法

a)アレルギー性疾患の治療
    急性喘息発作の治療、救急外来での気管支喘息発作の治療、アナフィラキシーショックの処置、減感作療法
b)膠原病の診断治療
    関節穿刺、関節内注射、ステロイド、免疫抑制剤の投与法(パルス療法を含む)、 免疫不全の管理、
    リウマチでのリハビリテーション
c)呼吸不全の管理
    挿管と人工呼吸器の操作、酸素吸入、離脱法、気管切開術、喘息発作での呼吸停止での蘇生、気胸での脱気、
    癌性胸膜炎での胸膜癒着、中心静脈穿刺、栄養管理、DICの管理
d)感染症、結核の管理治療
    血液培養、喀痰培養の手技と判定、MRSA感染の予防・管理・治療、 難治性呼吸器感染症の抗生物質療法、
    敗血症の診断、治療、抗生物質の使用法、 日和見感染の治療と管理、高齢者での感染症の治療と予防、DICの管理
e)肺癌の治療
    化学療法(副作用対策の習得も含む)、放射線療法、麻薬の投与法、DICの管理、精神療法
f)呼吸器心身症の診断と治療
g)症例報告
    日本内科学会、日本呼吸器学会、日本リウマチ学会、各種研究会等への症例報告


▲ページ上部へ戻る